読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供のスポーツ能力を伸ばすために、怪我をさせないために

子供の運動機能を高めるため知識を共有するためのものです。トレーナーとしての知識を親御さんと共有することで、健やかな子供の成長を願います

旬のものとは?

日本には四季があり、それぞれに「旬の食べ物」があります。

春には、タケノコ・キャベツ・玉ねぎ

夏には、きゅうり・トマト・スイカ・鮎

秋には、ナス・さつまいも・さんま

冬には、人参・大根・ほうれん草・りんご・ぶり

 などなど・・・いろいろあります。

最近は、栽培技術や養殖技術が上がったので、いつでもつくれるようになりました。

そのため、スーパーでは季節を問わず、代表的な野菜・魚は売っているので、いつでも買うことができます。最近はぶりも1年中売っていますね。

 

旬の食べ物は、「伝統的」というだけでなく、食べるだけの価値があります。

 

まずは、

「おいしい」!!

これは重要です。大根なんかは、寒さの中で糖分をまし、甘味をましたり、ぶりは冬になると脂がのっておいしくなります。肉類も同様に、秋から冬にかけてがおいしい時期と言われています。

 

そして重要なのが、

「栄養価が高くなる」!!

同じ野菜でも栄養価が全然違ってきます。ほうれん草では、夏と冬とでは3倍もビタミンC量が変わってきます。

 

そして、

「その時期に必要となる栄養素を含んでいる」!!

夏の食材では、身体の熱やむくみを取り除くカリウムが豊富に入っていたり、冬の野菜は身体を温める機能があります。

 

*旬のものは「安い」ということもあるので、積極的に選んでいくようにしましょう