読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供のスポーツ能力を伸ばすために、怪我をさせないために

子供の運動機能を高めるため知識を共有するためのものです。トレーナーとしての知識を親御さんと共有することで、健やかな子供の成長を願います

3時のおやつは罪か

3時のおやつはmmmmm~ 私が子どもの頃は、やはりおやつは食べていました。 学校から帰ってくるなりおやつ。 食べないと夕食まで持たなかったのか?甘いものが欲しかったのか・・・? しかし、3時のおやつはどうやら理にかなっているようです。 BMAL1という…

子どもにかける言葉

コーチングの面から 子どもたちを「褒めて伸ばす」と「叱って伸ばす」と考え方が二つあると思います。 「叱って伸ばす」ことを推奨されるかたは、そのほうが負けん気を促すことができ、発奮させられる。といいます。しかし、考えて欲しいのは相手は「こども…

スポーツをしすぎると身長が伸びなくなるのか?

実は、「スポーツ」と「成長」は密接な関係があります。 それは「成長期」と関連しています。 食べ物から摂取した栄養は、 1:疲労の回復 2:壊れた部位を修復する 3:成長 という「優先順位」で使われます。 ということは、ヘトヘトになるまで運動をし、…

骨端症

以前お話ししましたが、まだ骨が成長途中の「学童期」に生じやすいです。 基本的には修復力が旺盛なため、自然中腹が期待できますが、 無視して無理をし続けてしまうと、自己修復できなくなってしまいます。 骨端線が障害されてしまうと、成長が停止してしま…

骨の成長の左右差

子どもはどんどん身長が伸びていきます。 それは、骨の端っこのほうにある「骨端線」という部位が伸びていくからです。 急激な成長は2回あり 1:出生後から3歳頃まで(第1次成長期) 2:思春期(第2次成長期) があります。 これが縦方向への成長です(…

身長を伸ばす

身長は、骨の成長によって決まります。 骨は、骨の末端にある軟骨細胞の成長(骨端線)で生じます。骨端線が残っている時期までは骨が伸びると言われており、男性25歳・女性22歳くらいまでと言われています。 重要なことは 「栄養」➕「睡眠」➕「運動」➕…